秋田市楢山にある、暮らしの日用品と古道具「blank+」の店主ブログ。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 8月です。 | main | エコバックを考える。その2 >>
エコバックを考える。

7月からの一部レジ袋有料化で、エコバック持参の方も増えましたね。

暮らし方やお買い物の仕方、用途に応じて、
使用するエコバックの素材やカタチも様々。

今回「エコバック」をテーマに商品をいくつかセレクトして
取り寄せてみました。

自分にテーマを課して、違った目線で商品と対峙するというのも
なかなか楽しいですね。

-----------------

「tamaki niime」から届いた「たまふくろう」

大胆な配色と切り替え。
全面に施されたロゴ。

ヴァージンコットンの落ち綿を100%使用したリサイクルコットン糸で
織られた大きな袋です。

とにかく大きい。

マチがたっぷりとられているので、
スーパーのお買い物カゴにもすっぽり入ります。


レジカゴバッグとしていかがでしょうか?

丈夫で無骨な表情の織り生地はくったりと柔らかく、
荷物の大小関わらずに、受け止めてくれる頼もしさ。

持ち手は肩にかけやすいよう太いデザイン。


エコバック、と用途を決めずに。
レジャーや旅行などに気負いなく使えるバックです。

ぜひ手に取ってご覧ください。
 

COMMENT