秋田市楢山にある生活雑貨と古道具のお店 blank+(ブランクプラス)の店主ブログ。
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Water Bottle/LAPUAN KANKURIT | main | 「冬の暮らしとクリスマス」 >>
いやしろち/器

連日のブログ更新失礼します。

明後日からはじまる「冬の暮らしとクリスマス」にむけて、
ご紹介したいことが沢山あり、頑張っている次第です(笑)

インスタやフェイスブックなど、SNSが溢れていますが、店主はブログが好きです。
SNSはお店用としてひととおりやってはいますが、
当店の存在を知って、ブログに到着してほしいのが本音。

到着してくれているのかは謎なのですが・・・

到着してくださった皆さんは、どうぞお付き合いくださいませ。

さて。

イベントに合わせて、お取り扱いさせていただけることになった
雄和で作陶されている「いやしろち」さん。

刷毛目、焼き締め、ロウ抜き、いっちんなど、
様々な技法で時には勢い華やかに、時にはシンプルに素材を引き立てるデザインまで、幅広く作陶する作家さんです。

今回、冬の暮らしの食卓をイメージして、器をセレクトさせていただきました。

平鉢。

大皿料理を盛り付けて。

丸鉢。

副菜やおつまみなど。

マグカップ。

鉄釉の器はお料理が映えます。

コンポートは、季節の果物を。

平鉢。
地元・男鹿の北限の椿を大胆に。

もちろんぐい呑みも。

いやしろち、とは生命が盛んで空気が良い土地。という
古くから使われる言葉なのだそう。

古くから存在するお寺や神社・仏閣など神様の宿る社は
清らかで快適な空気の良い環境・土地を選んで建てていたようです。

土に触れる職業にとてもふさわく、いい屋号だなあ、と。
聞きなれない言葉だけど、耳に残るいい響きです。

雄和といえば。 人気の「瑠璃窯」さん。

酒器や飯碗など、並んでおります。

お米が映えるのは、酒器と飯碗だからでしょうか(笑)

日々の食卓に馴染み、飽きのこない長く段使いできる器です。


明後日からは、秋田で活動する2名の作家さんの器でお待ちしております。

 

-------------------------------

*11/22(木)はイベント準備のため、お休みさせていただきます。

-------------------------------


2018.11.23(祝・金)ー11.30(金)
11:00-19:00
blank+ 1F

*ドイツ・ザイフェン地方の木の工芸品やクリスマスオーナメント
*「YOSHIOKA SEI」ガラスのオーナメント・オブジェ
*「アトリエ和沙」クリスマスリース・アレンジ
*「空の木ガーデン」クリスト・シュトレン

COMMENT









Trackback URL
http://blank-plus.jugem.jp/trackback/2377
TRACKBACK