秋田市楢山にある生活雑貨と古道具のお店 blank+(ブランクプラス)の店主ブログ。
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 商品いろいろと | main | 手提げかご/Kagocco pepin >>
十布の刺子織

出張2日間+定休日ということで、
3日間お休みをいただき、今日から営業しております。

大変ご不便をおかけいたしました。

今日から店主ガンバリますので、どうぞよろしくお願いいたします!

さて。
出張前から到着を楽しみにしていたアイテムが届きました。

イラストレーター・福田利之さんのクリエイティビティで、
テキスタイル、布プロダクトを製作、発信していくブランド「十布」

布そのものが持っている特徴や風合いを活かし、
作り手である職人さんの経験や技術、生産地の伝統や思想を大切にしています。

ずっと気になっていた、刺し子織り。

「刺し子」といえば、古くから伝わる伝統的な図案を刺しゅうするものですが、
「刺子織」は、機械に織のデザインを読み込ませて作られます。

しかし、柄が複雑になればなるほど機械に記憶させるデザインシートの枚数も増えて、
機械で織られているとはいえ、大変な労力なのだそう。

なんと細やかな図案。

コースター。全く同じ柄はありません。



手で刺したような風合いを残しつつ、機械で織られた織物。

モダンな雰囲気もあって、古いけれど新しいような。

他にも、ハンカチやミニバックなどございます。
ぜひ手に取ってご覧いただきたいです。

そして、「十布」オリジナルデザインのトートバック。




厚手の帆布でつくられた、マチ付きトート。
荷物もどっさり入れられる丈夫さと、赤がちらりとアクセトなデザイン。

トートバックのタイトル、本二冊/ボタニカ/マッシュルーム。
本好き、植物好き、きのこ好きさんへのプレゼントにいかがでしょうか?

---------------

今回の出張先である東京は、30度越えの猛暑日。

暑さにヤラれながらも、都内をひたすら歩き回り、
素敵な作家さんやブランドに出会うことができました。

やはり出会いは、外に出なければ。
と実感した今回の出張。

いや、飛び込んでくる素敵な出会いも、もちろんありますが。

そういうフットワークは持ち続けないといけないなあ、としみじみ。

これからの入荷をどうぞお楽しみに!

 

 

COMMENT









Trackback URL
http://blank-plus.jugem.jp/trackback/2343
TRACKBACK